本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.0466-36-4960

〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂2-2-2

漢方について

日本における漢方治療の歴史

一般のかたは漢方と言っても中国から伝来した煎じ薬、丸剤を用いた医療と漠然と思い描くことと思います。ホームページを見ても中医学、日本漢方と書いてあってもなんのことか分からない方が多いと思います。
中国医学の伝来は古く仏教伝来とともに大陸から主に僧侶を通しもたらされた。その後断続的に中国経験医学が日本にもたらされた、室町後期、田代三喜・曲直道三により宋・明時代の金元医学ど取り入れられてから独自に体系化され日本固有の医学に発展しました。江戸時代中期以降に黄金時代を向かえ、その成果は中国に逆輸出されました。漢方は蘭学(西洋医学)と区別するためにつけられた日本独自の名前です。
日本漢方は大きく分けて古方派と後世方派その中間、折衷派がありました。現在の中医学に似た治療体系を持つ後世方派は室町時代後、
曲直道三以降、昭和の名医、温知会の矢数道明先生まで脈々と引き継がれました。
中国人は理論性、抽象的理屈を好み、宋・金・元以降の中国医学は時代とともに、中国人独特の陰陽五行思想が入った観念論的な治療体系から、江戸時代中期に吉益東洞らにより、後漢時代に書かれた中国医学書の原典『傷寒論』に立ち返れと陰陽五行説を排除した『傷寒論』『金匱要略』を教本とする、古方派が台頭した。合理的な考え方をすることから蘭方医になった医者はこの派から移行した。


明治から昭和へ

明治政府により西洋医学のみによる医師免許制度となり、漢方医学は排除された。その後、漢方は細々と薬店で守られてきた。昭和に入り漢方の臨床効果を認めた医師らにより漢方の復興活動が続けられた。昭和40年代に入ると古方派では大塚敬節、藤平健、後世方派では矢数道明、折衷派では細野史郎など漢方大家の医師により各派の垣根は取り払われ、日本東洋医学会が創設され今日に至っている。
一方中国では文化大革命以降、毛沢東によりはだしの医者として中国伝統医学を取り入れた。中国でも多くの流派があり、これを国策として統一して今日の中医学が作られた。統一された教科書も作成された。これを世界基準として普及することが中国の経済的利益になると中国政府は国連に働きかけて世界基準にしようと活動中である。日本、韓国の学会、業者はそれぞれの国で発展した東洋医学を無視して自国の医学をもって世界基準としてそれをもって国の利益として独占しようとする中国のやりかたに危機感をもって対応しているところである。


私の漢方への取り組み

私の漢方との出会いは日本漢方教会の講習会に参加してこの時の講師陣は古方派の山田光胤先生を中心とする古方派の先生が多く、『傷寒論』『金匱要略』を中心としたものでした。それ以来今日まで古方の勉強は朴庵塾、その後は無門塾で田端隆一郎先生に師事しています。他方後世方の矢数道明先生が主催された温知会では道明先生先生がご存命中に入会できたことは幸いでした。温知会はふところが深く漢方のトップクラスの医師から中医学の日本のトップの中医学の医師が参加されています。
古方であれ後世方であれ又中医学であれ、その道を究めれば処方が異なれど治癒率は同じである。古方の薬、後世方の薬、中医学弁証からの薬の選択。それぞれの良さがある。病に苦しむ。患者さんからしてみれば、どんな方法でもよいものである。江戸時代後期の漢方大家和田東郭は「凡そ漢方を取りまわすに随分なるべく古方中に求めて、是非ともに古方にて事の欠けるというところを近方に補うようにすべし」と言っている。
私は幸い古方であれ、後世方であれ、中医であれ一流の人が身近におられることから積極的に死ぬまで勉強して病に悩む人の力になればと思っている。
漢方薬局では薬事法で日本漢方の中から掲載された処方しか使えず、その製造記録は保存するように定められている。また簡便なエキス剤は医療エキス剤と同じく120種類くらいしかない。日本漢方であれ、中医学であれ、日本で使える処方は決まっている。この中から、それぞれの漢方診療体系から処方を選択して運用するのが現状である。しかし組み合わせによって患者の体質に合ったお薬を選択することができる。本来の中医学の治療は弁証後薬方を作ること、またその薬量は日本の3倍以上の量で薬事法上、医師のみしか許されない。また日本で入手できない生薬が多く、平行輸入で入手している医師もいる。生薬価格の高騰から保険医療では赤字となり本当の中医師を標榜するには自由診療しかない。漢方薬局ではこの他に中成薬やメーカーが製造承認をとった独自の市販漢方薬がある。これらの市販薬も含めて患者さんにあった薬を模索することができる。


さとう鎌倉堂薬局

〒251-0046
神奈川県藤沢市辻堂2-2-2
TEL.0466-36-4960
FAX.0466-36-4960

fujinn.htmへのリンク

gan.htmへのリンク

fujin.htmへのリンク

atopi.htmへのリンク

ryuumati.htmへのリンク